オンライン家庭教師の先生の選び方!子どもと相性の良い先生を探すコツは?

オンライン家庭教師の先生の選び方!子どもと相性の良い先生を探すコツは? オンライン家庭教師お役立ち情報

せっかく家庭教師を頼むなら、良い先生と出会いたいし、成績アップを期待したいですよね。

子どもの成績アップに「先生」の存在はとても大切です。

でも、たくさんの先生の中から、何を基準にどんな先生を選んだらいいのでしょうか?

この記事では、先生の選び方と、子どもに合った先生を上手に探すコツを紹介します。

子どもが頑張った分だけ結果につながり、前向きに頑張れる先生と出会えるように、オンライン家庭教師の「先生選び」は、本当に真剣に考えましょう。

 

結論から言うと

  • 子どもの苦手教科を得意としている先生を選ぶ
  • 志望校出身の先生を選ぶ
  • 趣味・特技など共通点がある先生を選ぶ
  • いちばん大切なのは「子どもとの相性」
  • 無料体験授業とサポートスタッフを活用する

となっています。

詳しく見てみましょう。

オンライン家庭教師の先生の選び方!

たくさんの先生がいて、そもそもどうやって選べばいいのかわからない。と、悩んでいる方は多いようです。

何を重視するかは状況によりますが、今回は3つの方法をピックアップしましたので、先生選びのヒントに役立ててくださいね。

・ 子どもの苦手教科を得意としている先生を選ぶ
・ 志望校出身の先生を選ぶ
・ 趣味・特技など共通点がある先生を選ぶ

選び方その1:子どもの苦手教科を得意としている先生を選ぶ

特に家庭教師では、苦手な教科を克服するために利用する場合が多いかもしれません。

先生も全般を教える知識は持っていますが、理系・文系などの、得意・不得意はあります。

教わりたい教科を「より得意」としている先生を選ぶのがおすすめです。

意外にも、もともとその教科が好きな先生よりも、自分が理解するのに苦労して勉強した先生のほうが、教え方が上手な場合が少なくありません。

自分がかみ砕いて考えたため、教える時もかみ砕いてわかりやすく教えてくれます。

最初は苦手だったけど勉強したらおもしろくて好きになったなど、子どもの気持ちがわかる先生とも言えますね。

選び方その2:志望校出身の先生を選ぶ

実は、志望校出身の先生を選ぶだけで、子どもが目標にぐっと近づけるんです。

そんなうまい話しあるわけがないと思いますか?

わたしたち人間は「ミラーニューロン」といって、近くの人や起きた出来事を、脳がまるで鏡のように吸収する、“ものまね細胞”をもっています。

「こうなりたい」という理想や目標を、でにかなえて実現している人と一緒にいると、ミラーニューロン効果で、自分も目標をかなえるために自然と真似て、いつのまにか理想に近づいているということです。

そのため、「自分の目標をすでにかなえている先生」を選ぶことが大切なんですね。

「ぜんぜん受験勉強してないけど、簡単に合格した」なんて先生ではだめですよ(汗)

もちろん、志望校出身の先生だと、学校の具体的な部分や実際にその学校で学んだことを教えてもらえるなどのメリットも多数あります。

選び方その3:趣味・特技など共通点がある先生を選ぶ

何よりも先生と子どもの「信頼関係」や「距離感」は、学習意欲にもつながる大切なポイントです。

会話を通して、相手のことをより知ったり、もっと知りたいと質問したりします。

そもそも会話がなければ、親密になったり、気持ちを理解できませんよね。

勉強とは無関係に思える趣味や特技が共通していると、自分と似ている相手には、自然と親近感を覚え、話しがはずみ距離もぐっと縮まります。

また、趣味・特技の項目から先生がどんな人なのか、見た目だけではわからない部分をイメージできますね。

子どもと相性の良い先生を上手に探す3つのコツ!

先生を選ぶときに、何よりいちばん大切なのは子どもとの「相性」です。

どんなに条件がそろった能力のある先生でも、子どもとの相性が合わなければ、成績アップにはつながりません。

勉強するのって楽しい。と感じさせてくれる「相性の良い」先生を選びましょう。

続いては、「相性」の合う先生を見極めるためのポイントを紹介します。

コツその1:無料体験授業を活用しよう!

無料体験はぜひ受けることをおすすめします!

そもそも勉強したくないと思っていると、子どもが乗り気ではないかもしれませんが・・・。

先生選びだけでななく、嫌がっていたのに、無料体験を受けたら「やりたい!」と言う子どもも多いんです!

どんな学習方法なのかよりも(これももちろん重要ですが)、先生と子どもの「相性」を確認しましょう。

子どもが「この先生が好き」「この先生とまた会いたい」と思えた先生。

特に理由はないけど「なんとなく、いやだな」と感じた先生。

実際に先生と接したときの子どもの体感を大切にしてください。

重要なのは親の好みではなく、「子ども」と「先生」の相性です。

親的には「この先生がいいんじゃない?」とすすめたくなるかもしれませんが、誘導したりしないようにお口にチャックしましょう。(古い・笑)

コツその2:サポートスタッフ(社員)には何でも気軽に相談しよう

先生が決まったら終わり。勉強を教えたら終わり。ではありません。

【家庭】×【先生】×【サポートスタッフ】の3チームで子どもの学習を継続してサポートしています。

成績や学習で不安なこと、もやもやすること、ひとりで抱えず何でも相談してください。

先生と子どもの相性についても気軽に相談してみましょう。

合わないかも・・・?と思いながら回数を重ねるのは誰にとってもメリットはありませんよね。

相談に批判的な対応や、親身になってくれないスタッフなら、良い会社ではありません!

スタッフのサポートや対応も、良いオンライン家庭教師を見極めるポイントです。

どうしても合わないと感じたら、遠慮なく交代をお願いしよう

無料体験授業だけで完璧に判断することはできません。

何回か授業を受けてみたら、「合わないな・・・」と感じることもあります。

「合わない・・・」と感じながら続けるのは子どものストレスになりますから、ためらわずに先生の交代をお願いしましょう。

ただし、次々に先生を交代するのはおすすめしません。

変えるたびに「信頼関係」をいちから作らなければならなくなり、子どもが安心して学習できる環境とはかけ離れていきます。

家庭教師をつける目的を明確にイメージしておくと、サポートスタッフと相談するときに、相性のいい先生に出会える確率が高くなりますよ。

まとめ

今回は、オンライン家庭教師の先生の選び方と、子どもに合った先生を上手に探すコツを紹介しました。

まとめると

  • 子どもの苦手教科を得意としている先生を選ぶ
  • 志望校出身の先生を選ぶ
  • 趣味・特技など共通点がある先生を選ぶ
  • いちばん大切なのは「子どもとの相性」
  • 無料体験授業とサポートスタッフを活用する

でした。

子どもと長くお世話になる先生ですから「安心できる」「心地よい」という感覚を大切にして選ぶことがポイントです。

子どもが、「勉強ってたのしい」と思えるように、いい先生と出会いたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました